たぬきのきんたま

大きくしたり、小さくしたり、今日もたぬきはいそがしい。

ストーリー

たぬきのきんたまを

大きくしたり

小さくしたり

そんなことをする

ゲームです。

おすすめ
  • たぬきのきんたまを大きくしたい人
  • たぬきのきんたまを小さくしたい人
  • 難しいルールを覚えるのが苦手な人
店頭販売
  • Role&Roll Station
  • イエローサブマリン
  • ボードゲームステーション
Data
  • 参加人数:2~4人
  • 対象年齢:7歳以上
  • プレイ時間:10~20分
  • 内容物:たぬきカード 1枚、きんたまカード 32枚、取扱説明書
  • カードサイズ:70*70mm
  • ジャンル:きんたまゲーム
  • 発売日:2020/3/8
  • イベント販売価格:¥2,000
  • ショップ販売価格:¥2,182(+tax)

内容物

※画像は円形で表現されていますが、実際のカードは四角形となっております。

たぬきカード ×1枚
きんたまカード  × 32枚

1~8のカードが各4枚

インスト動画

「たぬきのきんたま」ゲーム紹介

ルール説明

ゲームの終了条件

一番はじめに手札をなくした人がゲームに勝利します。

ゲームの準備

● きんたまカードをよく混ぜ、「たぬきのきんたま」と3回唱えながらカードを全員に配ります。
具体的に言うと、24枚のカードを遊ぶ人全員で分けます。

残りのカードは山札にします。

● きんたまカードを配り終えた瞬間に 「たぬきのきんたま」と3回唱え、 一番はじめに唱え終えた人からゲームを 開始します。早口言葉です。

もちろん別の方法で決めても良いです。

●たぬきカードを真ん中に置ます。
ここをゴールデンボールエリアと呼びます。

●山札からきんたまカードを2枚取り、 図のようにいい感じに並べます。

ゲームの流れ

手番になったら❶と❷のどちらかを1回行います。

❶ きんたまカードが出せる場合

手札からきんたまカードを1枚、 ゴールデンボールエリアに出します。

●出し方のルール

ゴールデンボールエリアに出ている きんたまカードの数字から
-2 -1 +1 +2
した数字のカードを左右のどちらかに 出します。

❷ きんたまカードが出せない場合

ゴールデンボールエリアにあるきんたまカードを1枚手札に戻します。

※戻した後にきんたまカードを出すことはできません。
※きんたまカードを出せるけれど出したくない場合も、ゴールデンボールエリアのきんたまカードを手札に戻すことができます。

その後、手番が左隣の人に移ります。

これを誰かの手札がなくなるまで 繰り返します。

タイトルとURLをコピーしました